Diary…?

うっかり始めちゃった日記っぽいもの。雲雀が嫌いな人は無視しちゃって下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埋もれたい君と二人、体ごと、力抜き、もつれ合い。さぁ。

生きるという意味も分からずに
ひたすら強がっていた自分
いつからか悲しい夢ばかり
願いなど何一つもなく


幼き頃に見ていた
青く晴れ渡り澄んだ空も
いまでは黒く澱んで
ただ怖く…ただ脅え…


壊れた自分が
哀しげな顔しないでよ
泣きたくなるから
輝いていたあの頃は
ただ幼かった
意味もないのに
ただ願う夜空天の川
ただ君の名前を呼ぶ



















もう疲れたよ

もう頑張れないよ

もう…どうしたらいいかわかんない

大切なものはどんどん無くなっていくのに

薬ばっか増え続けてる




弱いよね

こんなに弱い俺を見て君はどう思うのかな

もう俺のことなんか嫌い…かな

覚えてすらいない…?

俺は結局なにひとつしてあげれなかったね

約束すら守れなかった…

ただ…

ひとつだけ、

これだけは嘘じゃないよ

ほんとに、ほんとに愛してます今もずっと…ずっと……







































ポケットに詰め込んだ幾千の物語 今日は何を話そうか夜空の下

君の街が近づけば雑音は遠ざかる あの角を曲がればもうすぐそこさ



 

君が笑うから 僕も笑うのさ 大丈夫さ もう泣かないで




きらめく思い出は まぶしいほど 切なくなるもの

だから流れる星をつかまえて 君にあげるよ






近すぎて見えなくて 遠すぎて触れない 大切な物はいつもそんなもんさ

ちっぽけなプライドや 色あせたいいわけは

くしゃくしゃに丸めて海に捨てた





青から赤に変わるその時も その思い出は嘘にならないで



広がるこの世界のどこにいたって すぐ逢いに行くから

君に作り話を唄う僕を許して

揺れてる月の光 並んだ二つの影

全部知っいて ただ頷いて 笑ってくれていた

そんな君になにをしてあげられるだろう






きらめく思い出は まぶしいほど 切なくなるもの

だから流れる星をつかまえて 君にあげるよ

広がるこの世界のどこにいたって すぐ逢いに行くから

君に作り話を唄う目の前の僕を信じて







スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://hibari.blog7.fc2.com/tb.php/70-0b129297
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

雲雀陽太

  • Author:雲雀陽太
  • 和歌山育ち、北海道在住の自称男前。
    PUNK、ROCK、GOTHIC、V系大好き。
    凶器所持と美人形がかなりらぶい。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。